トップ / 専門医としての医師とは

専門医としての医師とは

高い専門性を持つ医師

医師の高度な知識をもつ専門医

医療の特定分野において、高度な知識や技術、経験を持つ医師を専門医と呼びます。特定の診療科に精通しているため、最新の知識や治療方法に精通しているのが特徴です。認定を受ける場合、学会によって違いがありますが、一般的に学会登録医として登録し、学会の定める認定教育施設などで一定年数研修を行う必要があります。単位を取得し試験に合格した医師のみが専門医として認められます。現在では約50の学会が制度を設け、厚生労働省により認可を受けています。

医師が専門医を目指すメリット

医師が専門医になるにあたって、メリットはあるのでしょうか。まずは適材適所を活かせるということです。病気は詳しく知っていないと判明できない事もあります。つまり浅く広くのスタイルである場合では限界があります。そこで狭く深くのスタイルである専門医であれば、判明できる病気があるという事です。ただ浅く広く学ぶ事は決して悪い事ではありません。他の視点から病気を探すきっかけになるからです。医師はそのため両方のスタイルは共存する事で、真価を発揮します。

↑PAGE TOP

© Copyright 重要な医師免許の取り扱い. All rights reserved.