トップ / 医師の飽和状態の問題

医師の飽和状態の問題

都会と地方の医師

地方の医師は飽和状態ではない

都会では医師は飽和状態で、十分な手厚い治療を受けられる印象ですが、地方ではそうとも限りません。地方でも県庁所在地など人口の多い都市は医療に不自由することはありません。しかし、一歩郊外へ行くと、山間や海沿いなどの過疎地などは、医師が不足しています。これは都会に集中しすぎた結果、都会は飽和状態、地方は欠乏状態という形になっています。どうしても人材確保したい地方行政は賃金や福利厚生を手厚くして人材確保に必死です。

医師の飽和状態はもったいない

医師は都会においては飽和しつつあるといえます。なぜなら人口が多ければ、交通網も充実しているし来院者が多ければ病院内の設備も優れているからです。便利で優れている場所に集まろうとするのは間違っていませんし、当然だと思います。ですが困っているのは地方の人達です。地方には病院が少なく、来院するのも一苦労な環境です。もし飽和状態の医師達が地方に来てくれれば、安心できるでしょうが快適な生活の代わりとなれば厳しいかもしれません。そのため粘り強く交渉して、地方に来てもらう事が重要だといえます。

↑PAGE TOP

© Copyright 重要な医師免許の取り扱い. All rights reserved.