トップ / 歯科で働くための知識

歯科で働くための知識

歯科での働き方を知る

歯科衛生士の仕事とは

歯科衛生士は、国家資格であり、厚生大労働所指定の養成所を卒業して、国家試験に合格しないとなれません。 仕事は、まず虫歯の予防措置で、歯や歯肉の状態の点検で機械を使って歯石を取ったり、虫歯予防のために歯に薬を塗ったりします。また幼稚園や小学校や保育所で歯磨き指導をします。さらに、歯医者さんのパートナーとして患者酸のお口の中を触ることができますので、診療サポートが出来ます。 また、歯科の医療現場において歯科助手という仕事があります。歯科助手は受付や診療助手をするアシスタントで、国家資格ではありません。

歯科助手から歯科衛生士へ

歯科助手の学校を出て歯科助手として就職して、歯科衛生士の事を知り、歯科助手の業務範囲が少なく、はじめて、歯科助手では身分が不安定で、雑用ばかりという事に気が付き、改めて、この国家資格へチャレンジする人も多くいます。 この資格を取るには、歯科医療について、体系的に学び歯科の治療の事故を未然に防ぐ必要があります。歯科助手は、感染症の知識も少ないために、器具具の片付けにおいても、危険性に気がつかず、感染症にかかってしまう場合もあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 重要な医師免許の取り扱い. All rights reserved.