トップ / 医師の登録に必要なこと

医師の登録に必要なこと

医師は国家資格が必要

医師として登録するには

医師登録は国家試験に合格後、正式に認定されます。日本では大学の医学部の教育を6年間受けると、国家試験の受験資格を満たします。国家試験は1年に1回しかありません。医学生は6年分の知識で国家試験に臨みます。医師として登録するにはこの厳しい国家試験合格が高い壁になっています。この壁を超えても研修医という新人として病院勤務をする事で経験を積んでいきます。その後は本人の希望する専門医を目指して臨床経験を重ねていきます。

医師としての登録について

国家試験に合格し、医籍登録を完了させなければ医師として正式に認められる事はないです。昨今、認められるまでの活動をせず、不正に免許を取得し、業務を行っている人が何人かいます。このような人物を放置すれば、トラブルに直面した時にすぐに解決出来ないだけではなく、患者の生命に危機をもたらすおそれがあります。合法的に医師登録を行った人物だけが活動出来るように新たな仕組みを構築すべきです。患者やその家族を不安にさせない事が最も重要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 重要な医師免許の取り扱い. All rights reserved.