トップ / 医師の海外留学の問題

医師の海外留学の問題

医師の海外での学び

医師の海外留学には二通りある

医師が海外留学には、研究をするためのものと、技術を磨くための臨床のものがあります。研究は大学の医局からの人が多く、臨床を目的とする留学は人数が少ないのが現状です。実際に海外に行っても、言葉の壁があり、医療の知識のみならず相当の語学力がないと意思の疎通が図れません。また、費用も母校などから奨学金が出ることもありますが、少額だと言います。そのため、費用のほとんどを医師が自費で賄わなければならないのが現状です。

医師の留学は価値がある

医師と留学が結びつかない方もいらっしゃるかもしれません。ですが意外にもこの2点はつながりがあります。まず他国の医療を知るきっかけになります。もしかしたら何かが日本の医療を変えるヒントになるかもしれません。次に医師が他国語を話せるトレーニングになります。日本に住む外国人が全員日本語ペラペラではありません。場合によっては他国語で診察する事もあるかもしれません。ですが勉強しただけでは、咄嗟に会話するのは難しいです。そのため留学先で実際に話してみて、慣れる必要があります。このように無駄な要素は何1つありません。

↑PAGE TOP

© Copyright 重要な医師免許の取り扱い. All rights reserved.