トップ / 医師の当直勤務に関して

医師の当直勤務に関して

医師の勤務時間は

医師の当直は時間で拘束

医師の当直は通常勤務時間の外来や病棟の仕事を終えた後、そのまま病院にいて夜間の勤務に入ります。そして時間で拘束されるのは翌日の午前9時ごろですが、翌日が勤務日の場合は続けて診察などの仕事をします。夜間特別な変化がない場合は仮眠が取れるようになっていて、寝具などがある部屋が用意されています。このように医師が当直するときは勤務時間が決められている会社員の勤務と違い、2日間ほど病院に居続けるようになります。ストレスの大きい勤務形態になっています。

当直の医師の難しさについて

当直の医師は深夜にアクシデントのあった院内外の患者のケアをしなければならないので大変です。また、救急患者の受け入れを瞬時に判断しなければならないため非常に難しい業務です。多くの当直医は自分の専門分野以外の患者を敬遠する傾向にあります。今後、より多くの人々が適切なケアを受ける事が出来るように現在のシステムを見直し、新たなものを構築した方が良いです。患者の安全を守るためにも医療従事者である医師の健康は非常に大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 重要な医師免許の取り扱い. All rights reserved.