トップ / 医師が学会に参加する理由

医師が学会に参加する理由

医師に必要な学会

医師と学会出席について

医師従事者は定期的に開催される学会に出席して、医療関連の内容を学ぶことになります。長年にわたってやっている治療法ももちろん大切ですし、十分な効果を発揮している場合も多いですが、最新の医療情報についても知っておかなければなりませんし、色々な先生の意見を参考に良い部分は取り入れる必要もあります。医師の学会は自分が直接関わっている診療科のものだけ参加すれば良いですが、個人病院の場合は診察が多忙で、そうした勉強会にも出席できない場合があります。そうした場合も最新情報については知っておかなければなりません。

医師の仕事は学会もある

医師は、病院で働くというイメージを持っている人が多いでしょう。確かに、病院やクリニック、診療所などで、患者の診察に携わる、そんな場合がほとんどです。しかし、中には自分の専門科、例えば新生児学会や内科学会などに所属をし、その集まりや研究会に行くこともあるのです。これに参加すると、最先端の治療や海外で行われている研究など、自分に無い知識を学ぶことができるので、積極的に病院を休んで有給という形で参加する医師も多いです。

↑PAGE TOP

© Copyright 重要な医師免許の取り扱い. All rights reserved.