トップ / 医師が安心して開業できる

医師が安心して開業できる

医師が開業の相談

医師として独立することについて

医師として独立して自分の病院を開業するためには、いろんな手続きを取り、かつ必要最低限の資金を準備する必要があります。ここでいう手続きとは、法務局へ病院を開業するという届出をはじめとして、いろんな所定の処理が必要となります。中には専門的な知識が必要となることもあります。また、必要最低限度の資金といっても試算をすることは結構難しいです。診療する科目によって診療報酬も異なってきますし、病院内で利用する設備によっても準備するべき資金には差が出てきます。こういった難しい手続きを伴う医師の開業・独立をする際には専門家に相談をしながら手続きを進めることをお勧めします。開業をサポートしてくれる専門業者があります。豊富な経験と知識を駆使して、相談相手の事例に最も適したサポートをしてくれるので、安心して相談をすることができます。無料で相談に応じてくれる業者が多いので、開業をする際にはひとまず相談をしてみるといいと思います。

開業による独立について

医師としての働き方には様々な種類がありますが、自分自身の専門分野を明確に持って一人で責任ある治療を行うことが出来るようになると開業と言う独立の道を歩むことがあります。開業医は街のクリニックと言う形で非常に身近な存在ですが、その多くは専門技術を学び続けてきた医師が自分の考える最高の医療を以って地域に貢献しようとして始めるものであるとされています。独立するというのはそのための一つの手段であると言えるでしょう。しかしながらその実質は零細企業の社長となることに似ています。専門性の高い医療機器を揃えることにはそれ自体に膨大なお金がかかりますし、クリニックを構えて必要な人員を雇うにもお金がかかるでしょう。医者として自分の城を構えるための独立開業と言うのはそれだけの大きな仕事になるのです。地域の他の病院との連携や、より大きな病院とのパイプも必要となりますので経験豊富になって初めて選択することの出来る道なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 重要な医師免許の取り扱い. All rights reserved.